取り扱いアルミ板材 各種アルミ合金板
 
アルミ板(生地材※) アルミ縞板(チェッカープレート)
(生地材※)
※生地材とはアルミそのままの状態で、表面処理等何も手を加えていない状態を指します。
取り扱いアルミ板の合金一覧

国内で主に流通している、各種汎用アルミ板を販売しています。
以下の通り、様々なアルミ合金板材を取り扱っています。
各種アルミ板の販売規格寸法は、各種アルミ合金の「規格寸法表」をクリックしていただくと表示されます。
アルミ合金の種類 アルミ合金の特徴
A1070板
(規格寸法表)
1000系のアルミニウムで非熱処理型合金に分類される。
純度99.7%以上の純アルミで、電気・熱伝導性、加工性、耐食性に優れている。他のアルミ合金に比べ非常に柔らかく強度に劣る。
粘り気の強い材質のため、切削性が悪い。
A1050板
(規格寸法表)
純度99.5%以上の純アルミである。特徴はA1070に同じ。
A1100板
(規格寸法表)
純度99%以上の純アルミである。特徴はA1070に同じであるが、強度はA1070、A1050に比べ高い。
A2017板
(規格寸法表)
A2017はにジュラルミンと呼ばれ2000系アルミ合金を代表する材質として知られている。Al-Cu系合金とも呼ばれ、高い強度があり機械部品等に使用されるものの、銅を含むため、腐食環境で使用する場合は十分な防食処理が必要となる。
A2024板
(規格寸法表)
A2024は超ジュラルミンと呼ばれ、A2017と共に2000系アルミ合金を代表する材質として知られる。
A2017と似た性質を持つが、A2017よりも常温時効を向上させた合金で、強度と切削加工性に優れている。
A5052板
(規格寸法表)
中程度の強度を持った、最も代表的な合金で耐食性、溶接性、成形性が良く、特に強度のわりに疲労強度が高いため、多方面で使用されている。耐海水性も優れている。
A5083板
(規格寸法表)
A5083は溶接構造用合金で、非熱処理合金の中で最も強度の高い耐食合金であり、溶接性、耐海水性が良好。
低温特性も良く、使用実績の多い材料。冷間加工を与えたまま高温で使用すると、応力腐食割れが生じることがあるため、軟質材(調質O)が一般的に使用されている。
A6061板
(規格寸法表)
熱処理型の耐食性合金で、銅(Cu)を微量添加して強度を高めたもの。熱処理型の合金の中では冷間加工性に優れ、車輌、航空機部品等の構造用材として使用されていたが、近年、半導体製造装置、一般機械部品としても使用されている。T6処理によりかなり高い耐力値が得られるが、溶接継手強度が低くなる欠点がある。
A7075板
(規格寸法表)
 超々ジュラルミンと呼ばれ、アルミニウム合金中極めて高い強度を有する合金であるが、耐食性に劣る。航空機用途の他、機械、スポーツ用品等に広く使用されている。応力腐食割れに注意する必要がある。
A5052縞板
(規格寸法表)
表面に突起模様を施して滑りにくく加工されており、チェッカープレートとも呼ばれる。床や階段、機械装置の作業台等のステップ材として広範囲に使用されている。 板厚は凸部ではなく、平面部の厚みを示している。
一般に市販されているアルミ板材を掲載しています。

アルミ板材の合金別、引張、耐力、伸び等の機械的性質データはこちら

 


有限会社アルミテック

電話 027-280-9177
FAX 027-285-6417


 ※間違いやトラブル防止のため、お電話による価格の問い合わせには回答しておりません。
 お手数ですが、お見積りご希望のお客様は、ファックス又はメールにお問い合わせいただきますよう
 お願いいたします。


  ファックスからのお問い合わせ・御見積もりは、問い合わせ用ファックスシートを用意しています。
  お問い合わせ用ファックスシート
 

 TOPページへ


 上へ
〒371-0214 群馬県前橋市粕川町女渕577-20
有限会社アルミテック

TEL 027-280-9177 FAX 027-285-6417
Copyright(C) 2009 Alumi Tech Co.,Ltd. All rights reserved.