東京銀座 ぐんまの総合情報センター

2010年8月23日
ISO14001認証取得

NCネットワーク

NCネットワーク
登録しています。

環境GS認定制度

弊社は環境GS
(ぐんまスタンダード)

認定事業者です。

東京銀座 ぐんまの総合情報センター

東京銀座ぐんまの総合情報センター

アルミ資料 アルミパイプの重量計算

パイプの重量計算方法について

パイプを使用して物を作る場合、パイプを使う場合、重量を知りたい人は多いと思います。
そこで、パイプ(丸パイプ)の重量計算の方法についてに下記にまとめました。

この計算式を使えば、知りたい材料の比重を式に当てはめることで、様々な材質におけるパイプの重量計算が行なえます。
計算例と主な材料の比重を記載しましたので、参考にして下さい。


パイプ(丸パイプ)の重量計算式

m重量(Kg)=(外径-肉厚)×肉厚×(比重×円周率(3.1416)/1000)

※外径、肉厚の寸法はmmで指定します。

重要ポイント

比重については材料毎に違うので、知りたい材質の比重をこの公式にあてはめればその材質のパイプm重量が求めらます。
緑色表示の部分の値を予め求めておけば(材質毎に一定の値となる)、 同じ材料のパイプであれば、寸法の違うパイプの重量も直ぐに求められます。

計算例

下記に計算例を示します。

(例1)

材質=A5052アルミ合金製、寸法=φ60.5mm(外径)×3mm(肉厚)×4000mm(長さ)の場合、外径60.5mm、肉厚3mm、A5052の比重2.68を式にそれぞれ当てはめて計算してみます。

(60.5-3)×3×(2.68×3.1416/1000)=
7.5×3×(8.419488/1000)
57.5×3×0.008421.45245 …①

緑色の部分の計算値は、材料毎に同じ値(比重が同じであれば)になるので、この値を予め求めておけば、同じ材料で様々なサイズの重量を計算する際に便利です。

(例)A5052アルミ合金の場合 

比重2.68×3.1416/1000=0.008419488…≒0.00842
純チタンの場合
比重4.51×3.1416/1000=0.014168616…≒0.01417

①よりm重量は約1.45kgとなります。

長さが4m(4000mm)ですからこれを4倍して1.45×4=5.8
よって、外径60.5mm、肉厚3mm、長さ4000mmのA5052パイプの重さは約5.8kgとなります。

(例2)

材質=SUS304、寸法=φ60.5(外径)×3mm(肉厚)×4000mm(長さ)の場合
外径60.5mm、肉厚3mm、SUS304の比重7.93を式にそれぞれ当てはめて計算してみます。

(60.5-3)×3×(7.93×3.1416/1000)
=57.5×3×(24.912888/1000)
=57.5×3×0.024914.296975 …①

①よりm重量は4.3kgとなります。

長さが4m(4000mm)ですからこれを4倍して4.3×4=17.2
よって、外径60.5mm、肉厚3mm、長さ4000mmのSUS304パイプの重さは約17.2kgとなります。

様々な材料の比重

参考までに各材料の比重を記載します。

材質比重材質比重材質比重
A11002.72A60612.70SUS3167.98
A20242.77A60632.70SUS4307.70
A50522.68A70752.808.90
A50562.64SUS3047.937.85
A50832.66SUS3107.98純チタン4.51