東京銀座 ぐんまの総合情報センター

2010年8月23日
ISO14001認証取得

NCネットワーク

NCネットワーク
登録しています。

環境GS認定制度

弊社は環境GS
(ぐんまスタンダード)

認定事業者です。

東京銀座 ぐんまの総合情報センター

東京銀座ぐんまの総合情報センター

アルミ資料 インチサイズの呼称、アルミNSP価格とは

配管サイズ(インチサイズ)の呼び方について

配管サイズは同じ口径でも呼び方が何通りかあり、人によっては65A(読み:ろくじゅうごエー)、口径φ76.3mmのものを、2インチ半又は2半(読み:にいはん・ふたはん)等と呼んだりします。

小口径の32A(φ42.7mm)ですと、インチ2分又はインチクオーターと呼んだりします。
かなりややこしいので、下記にまとめました。

最近こうしたインチサイズの通称でお問い合わせいただくことも増えてきましたので、当社インチサイズアルミ管のサイズ表にもこのインチ呼びを併記しております。

JIS G3459(配管用ステンレス鋼管)規格に定められた寸法

※当社在庫品のインチサイズアルミ管は、アルミパイプのJIS規格では規格外の寸法となります。

現在JIS規格で規定されているアルミパイプ(継目無管=シームレス管)の標準外径寸法は、15ミリ、20ミリ、35ミリ・・・90ミリ、100ミリ、140ミリ・・・とミリ系列の寸法となっております。
市販のアルミパイプに配管サイズのものが無いのはそのためです。

当社では、配管サイズのアルミ管継手と合わせてお使いいただくことが出来るよう、JIS G3459(配管用ステンレス鋼管)規格の寸法に準用し製作した配管サイズのアルミパイプを常時在庫しております。

配管サイズ(インチサイズ)呼び対照表(JIS G3459)

径の呼び
口径
A B インチサイズ通称 φmm
6A
1/8 B 1分(いちぶ) 10.5
8A 1/4 B 2分(にぶ) 13.8
10A 3/8 B 3分(さんぶ) 17.3
15A 1/2 B 4分(よんぶ) 21.7
20A 3/4 B 6分(ろくぶ) 27.2
25A 1 B インチ 34
32A 1 1/4 B インチ2分(にぶ) インチクオーター 42.7
40A 1 1/2 B インチ半(はん) 48.6
50A 2 B 2インチ 60.5
65A 2 1/2 B 2インチ半(はん) 2半(はん) 76.3
80A 3 B 3インチ 89.1
90A 3 1/2 B 3インチ半(はん) 3半(はん) 101.6
100A 4 B 4インチ 114.3
125A 5 B 5インチ 139.8
150A 6 B 6インチ 165.2
200A 8 B 8インチ 216.3

ここがポイント!

インチで配管口径を表す場合、分母を8として表し、その分子を呼びにしています。

1インチ=8/8インチ

例: 6Aは1/8で表され、その分子を呼びにしています。
1/8は分子1ですので、1分(いちぶ)
8Aの場合は2/8インチとなるわけですが、これを約分すると1/4となるため、表示は1/4としていますが、呼びは分母を8とした場合、分子は2ですので、2分(にぶ)と呼んでいます。

その他も同様に、20Aは6/8となりますが、約分して3/4、呼びは6分(ろくぶ)となります。

6A=1/8
8A=2/8=1/4
10A=3/8
15A=4/8=1/2
20A=6/8=3/4
25A=8/8=1
32A=1 2/8=1 1/4
40A=1 4/8=1 1/2

アルミ地金相場・NSP価格とは

NSP(NSP価格)とは(New Standard Price)の略

日々変動するアルミ地金相場を市場のアルミ販売価格に反映させるもので、1年を4分割して、3か月毎(1~3月期、4~6月期、7~9月期、10~12月期)にアルミ地金価格(NSP価格)として公表されています。
実際のアルミ材料の取引では、このNSP価格をもとにして取引が行われています。
同じアルミ材でも、その期のNSP価格により取引価格が変動します。

NSP価格の求め方は、1年を4回、3か月毎(1~3月期、4~6月期、7~9月期、10~12月期)に区切ります。

毎月第1月曜に日本経済新聞に掲載されるアルミの月間平均相場を利用し、このデータを基に、3か月間の平均相場を求めます。
求めようとする期の最初の月(1~3月期であれば、1月)の4か月前から3か月間(1~3月期であれば、1月から4か月前の9月~11月までの3か月)の平均を算出(1の位を四捨五入してプラス10円する)して、その期の地金相場(NSP価格)としています。

NSP価格の計算例:

日本経済新聞掲載 地金市況(月間平均相場)

月期 年度・月 地金市況 NSP価格
H26年 1~3月期 H26年1月 244.9円 250円
H26年2月 242.3円
H26年3月 245.4円
H26年 4~5月期 H26年4月 260.6円 250円
H26年5月 251.8円
H26年6月 265.0円
H26年 7~9月期 H26年7月 276.8円 260円
H26年8月 289.9円
H26年9月 298.2円
H26年 10~12月期 H26年10月 295.5円 290円 ※1
H26年11月 332.8円
H26年12月

※1 NSP価格の求め方について、H26年10~12月期のNSP価格290円を例に下記に説明します。

NSPは材料の販売価格に影響しますので、期の最初の月の約1か月前に決定します。
正確には、期の最初の月の前月の第1月曜日に決まります。(H26年10~12月期であれば9月の第1月曜日にNSP価格が決定します)
第1月曜日というのは、この日の日本経済新聞の朝刊に前月のアルミ地金の月間平均相場が掲載されるためです。


期のNSP価格を算出するためのデータは、期の価格を決定する月(期の最初の月の前月)の3か月前からの3か月間の月間平均相場を利用します。
H26年10~12月期の場合、期の価格を決定する月は9月で(期の最初の月が10月でその前月は9月)、NSP算出に使用するデータはその月の3か月前から3か月間ですから、6月~8月までの黄色表示部3か月のデータを使用することになります。

上記「日本経済新聞掲載 地金市況」の表より、6月の市況は265.0円、7月は276.8円、8月は289.9円となっています。

まず、この3か月間の月当りの平均価格を求めます。

(265円+276.8円+289.9円)/3 = 277.2333… 円となり1の位(7円)を四捨五入して280円となります。

これにプラス10円した値、つまり290円が求めるNSP価格となります。

このことから、次の期(H27年1~3月期)のNSP価格は、H26年11月の月間平均相場が出れば、H26年9月、10月、11月のデータを用いて算出することが出来ます。11月の月間平均相場は12月の第1月曜日の日本経済新聞の朝刊に掲載されます。

近年のアルミ地金価格(NSP)推移表(NSP:単位 円/kg) 赤色表記は現行価格

2009年 NSP 2010年 NSP 2011年 NSP 2012年 NSP
1月~3月期 270 1月~3月期 220 1月~3月期 240 1月~3月期 220
4月~6月期 180 4月~6月期 250 4月~6月期 250 4月~6月期 220
7月~9月期 180 7月~9月期 260 7月~9月期 270 7月~9月期 220
10月~12月期 220 10月~12月期 230 10月~12月期 250 10月~12月期 200
2013年 NSP 2014年 NSP 2015年 NSP 2016年 NSP
1月~3月期 220 1月~3月期 250 1月~3月期 320 1月~3月期 250
4月~6月期 250 4月~6月期 250 4月~6月期 320 4月~6月期 240
7月~9月期 250 7月~9月期 260 7月~9月期 320 7月~9月期 240
10月~12月期 250 10月~12月期 290 10月~12月期 270 10月~12月期 230
2017年 NSP 2018年 NSP 2019年 NSP 2020年 NSP
1月~3月期 230 1月~3月期 300 1月~3月期 290 1月~3月期 250
4月~6月期 270 4月~6月期 300 4月~6月期 270 4月~6月期 250
7月~9月期 280 7月~9月期 310 7月~9月期 270 7月~9月期 220
10月~12月期 280 10月~12月期 310 10月~12月期 250 10月~12月期 240
2021年 2022年 NSP 2023年 NSP 2024年 NSP
1月~3月期 250 1月~3月期 1月~3月期 1月~3月期
4月~6月期 280 4月~6月期 4月~6月期 4月~6月期
7月~9月期 320 7月~9月期 7月~9月期 7月~9月期
10月~12月期 10月~12月期 10月~12月期 10月~12月期