東京銀座 ぐんまの総合情報センター

2010年8月23日
ISO14001認証取得

NCネットワーク

NCネットワーク
登録しています。

環境GS認定制度

弊社は環境GS
(ぐんまスタンダード)

認定事業者です。

東京銀座 ぐんまの総合情報センター

東京銀座ぐんまの総合情報センター

アルミ板の強度(機械的性質)

市販アルミ板の合金種類別特徴と強度(機械的性質)

アルミ板(生地材※)

アルミ縞板(チェッカープレート)
(生地材※)

※生地材とはアルミそのままの状態で、表面処理等何も手を加えていない状態を指します。

アルミ板の合金別種類及び機械的性質

国内で流通している、アルミ板の合金種類と機械的性質(強度)についてまとめました。
材料を選ぶ際の参考にしてください。材質別にアルミ合金の特徴と機械的性質を掲載しています。

A1070板機械的性質及び合金の特徴

1000系のアルミニウムで非熱処理型合金に分類される。
純度99.7%以上の純アルミで、電気・熱伝導性、加工性、耐食性に優れている。他のアルミ合金に比べ非常に柔らかく強度に劣る。粘り気の強い材質のため、切削性が悪い。

A1070板 機械的性質(JIS H4000)
質別 厚さ
mm
引張強さ
N/mm2
耐力
N/mm2
伸び
最小値
最小 最大 最小 最大 最小 最大 最小 最大
H112 4以上 6.5以下 75 - 35 - 13 -
6.5を超え 13以下 70 - 35 - 15 -
13を超え 25以下 60 - 25 - 20 -
25を超え 50以下 55 - 20 - 25 -
50を超え 75以下 55 - 15 - 25 -
H14 0.2以上 0.3以下 85 120 - - 1 -
0.3を超え 0.5以下 - - 2 -
0.5を超え 0.8以下 - - 3 -
0.8を超え 1.3以下 65 - 4 -
1.3を超え 2.9以下 65 - 5 -
2.9を超え 12以下 65 - 6 -


A1050板機械的性質及び合金の特徴

純度99.5%以上の純アルミである。特徴はA1070に同じ。

A1050板 機械的性質(JIS H4000)
質別 厚さ
mm
引張強さ
N/mm2
耐力
N/mm2
伸び%
最小値
最小 最大 最小 最大 最小 最大 最小 最大
H112 4以上 6.5以下 85 - 45 - 10 -
6.5を超え 13以下 80 - 45 - 10 -
13を超え 25以下 70 - 35 - 16 -
25を超え 50以下 65 - 30 - 22 -
50を超え 75以下 65 - 20 - 22 -
H24 0.2以上 0.3以下 95 125 - - 1 -
0.3を超え 0.5以下 - - 2 -
0.5を超え 0.8以下 - - 3 -
0.8を超え 1.3以下 75 - 4 -
1.3を超え 2.9以下 75 - 5 -
2.9を超え 12以下 75 - 6 -
O 0.2以上 0.5以下 60 100 - - 15 -
0.5を超え 0.8以下 - - 20 -
0.8を超え 1.3以下 20 - 25 -
1.3を超え 6.5以下 20 - 30 -
6.5を超え 50以下 20 - 28 -


A1100板機械的性質及び合金の特徴

純度99%以上の純アルミである。特徴はA1070に同じであるが、強度はA1070、A1050に比べ高い。

A1100板 機械的性質(JIS H4000)
質別 厚さ
mm
引張強さ
N/mm2
耐力
N/mm2
伸び%
最小値
最小 最大 最小 最大 最小 最大 最小 最大
H112 4以上 6.5以下 95 - 50 - 9 -
6.5を超え 13以下 90 - 50 - 9 -
13を超え 50以下 85 - 35 - 14 -
50を超え 75以下 80 - 25 - 20 -
H24 0.2以上 0.3以下 120 145 95 - 1 -
0.3を超え 0.5以下 2 -
0.5を超え 0.8以下 3 -
0.8を超え 1.3以下 4 -
1.3を超え 2.9以下 5 -
2.9を超え 12以下 6 -
O 0.2以上 0.5以下 75 105 25 - 17 -
0.5を超え 0.8以下 22 -
0.8を超え 1.3以下 22 -
1.3を超え 6.5以下 30 -
6.5を超え 75以下 28 25


A2017板機械的性質及び合金の特徴

A2017はジュラルミンと呼ばれ2000系アルミ合金を代表する材質として知られている。
Al-Cu系合金とも呼ばれ、高い強度があり機械部品等に使用されるものの、銅を含むため、腐食環境で使用する場合は十分な防食処理が必要となる。

A2017板 機械的性質(JIS H4000)
質別 厚さ
mm
引張強さ
N/mm2
耐力
N/mm2
伸び%
最小値
最小 最大 最小 最大 最小 最大 最小 最大
T3 0.4以上 0.5.以下 375 - - - 12 -
0.5を超え 1.6以下 215 - 15 -
1.6を超え 2.9以下 215 - 17 -
2.9を超え 6以下 215 - 15 -
T351 6以上 25以下 375 - 215 - 12 -
25を超え 50以下 375 - 215 - 12 -
50を超え 80以下 355 - 195 - 11 -
80を超え 100以下 355 - 195 - 10 -


A2024板機械的性質及び合金の特徴

A2024は超ジュラルミンと呼ばれ、A2017と共に2000系アルミ合金を代表する材質として知られる。
A2017と似た性質を持つが、A2017よりも常温時効を向上させた合金で、強度と切削加工性に優れている。

A2024板 機械的性質(JIS H4000)
質別 厚さ
mm
引張強さ
N/mm2
耐力
N/mm2
伸び%
最小値
最小 最大 最小 最大 最小 最大 最小 最大
T3 0.4以上 0.5以下 440 - - - 12 -
0.5を超え 6.5以下 295 - 15 -
T351 6.5以上 13以下 440 - 290 - 12 -
13を超え 25以下 435 - 290 - 8 7
25を超え 40以下 425 - 290 - 7 6
40を超え 50以下 425 - 290 - 6 5
50を超え 80以下 415 - 290 - 4 3
80を超え 100以下 395 - 285 - 4 3
100を超え 120以下 395 - 285 - - 2
120を超え 150以下 380 - 260 - - 2


A5052板機械的性質及び合金の特徴

中程度の強度を持った、最も代表的な合金で耐食性、溶接性、成形性が良く、特に強度のわりに疲労強度が高いため、多方面で使用されている。耐海水性も優れている。

A5052板 機械的性質(JIS H4000)
質別 厚さ
mm
引張強さ
N/mm2
耐力
N/mm2
伸び%
最小値
最小 最大 最小 最大 最小 最大 最小 最大
H112 4以上 6.5以下 195 - 110 - 9 -
6.5を超え 13以下 195 - 110 - 7 -
13を超え 50以下 175 - 65 - 12 -
50を超え 75以下 175 - 65 - 16 -
H32 0.2以上 0.3以下 215 265 - - 3 -
0.3を超え 0.5以下 - - 4 -
0.5を超え 0.8以下 - - 5 -
0.8を超え 1.3以下 155 - 5 -
1.3を超え 2.9以下 155 - 7 -
2.9を超え 6.5以下 155 - 9 -
6.5を超え 12以下 155 - 11 -
H34 0.2以上 0.5以下 235 285 180 - 3 -
0.5を超え 0.8以下 4 -
0.8を超え 1.3以下 4 -
1.3を超え 2.9以下 6 -
2.9を超え 6.5以下 6 -
6.5を超え 12以下 10 -
O 0.2以上 0.3以下 170 215 - - 14 -
0.3を超え 0.5以下 65 - 15 -
0.5を超え 0.8以下 65 - 17 -
0.8を超え 1.3以下 65 - 17 -
1.3を超え 2.9以下 65 - 19 -
2.9を超え 6.5以下 65 - 19 -
6.5を超え 75以下 65 - 18 -


A5083板機械的性質及び合金の特徴

A5083は溶接構造用合金で、非熱処理合金の中で最も強度の高い耐食合金であり、溶接性、耐海水性が良好。
低温特性も良く、使用実績の多い材料。冷間加工を与えたまま高温で使用すると、応力腐食割れが生じることがあるため、軟質材(調質O)が一般的に使用されている。

A5083板 機械的性質(JIS H4000)
質別 厚さ
mm
引張強さ
N/mm2
耐力
N/mm2
伸び%
最小値
最小 最大 最小 最大 最小 最大 最小 最大
O 0.5以上 0.8以下 275 350 125 200 16 -
0.8を超え 40以下 275 350 125 200 16 14
40を超え 80以下 270 345 115 200 16 14
80を超え 100以下 260 - 110 - 16 12


A6061板機械的性質及び合金の特徴

熱処理型の耐食性合金で、銅(Cu)を微量添加して強度を高めたもの。熱処理型の合金の中では冷間加工性に優れ、車輌、航空機部品等の構造用材として使用されていたが、近年、半導体製造装置、一般機械部品としても使用されている。T6処理によりかなり高い耐力値が得られるが、溶接継手強度が低くなる欠点がある。

A6061板 機械的性質(JIS H4000)
質別 厚さ
mm
引張強さ
N/mm2
耐力
N/mm2
伸び%
最小値
最小 最大 最小 最大 最小 最大 最小 最大
T6 0.4以上 0.5以下 295 - - - 8 -
0.5を超え 6.5以下 245 - 10 -
T651 6.5以上 13以下 295 - 245 - 10 -
13を超え 25以下 9 -
25を超え 50以下 8 -
50を超え 100以下 6 -


A7075板機械的性質及び合金の特徴

超々ジュラルミンと呼ばれ、アルミニウム合金中極めて高い強度を有する合金であるが、耐食性に劣る。航空機用途の他、機械、スポーツ用品等に広く使用されている。応力腐食割れに注意する必要がある。

A7075板 機械的性質(JIS H4000)
質別 厚さ
mm
引張強さ
N/mm2
耐力
N/mm2
伸び%
最小値
最小 最大 最小 最大 最小 最大 最小 最大
T6

T651
0.4以上 0.8以下 525 - 460 - 6 -
0.8を超え 1.5以下 540 - 460 - 6 -
1.5を超え 3以下 540 - 470 - 7 -
3を超え 6以下 545 - 475 - 8 -
6を超え 12.5以下 540 - 460 - 8 -
12.5を超え 25以下 540 - 470 - 7 6
25を超え 50以下 530 - 460 - 6 5
50を超え 60以下 525 - 440 - 5 4
60を超え 80以下 495 - 420 - 5 4
80を超え 90以下 490 - 390 - 5 4
90を超え 100以下 460 - 360 - 3 3
100を超え 120以下 410 - 300 - - 2
120を超え 150以下 360 - 260 - - 2
150を超え 200以下 360 - 240 - - 1
200を超え 300以下 360 - 240 - - 1

JIS H4000(日本工業規格)に規定するアルミ板の機械的性質を抜粋し掲載。
質別(調質)は主に流通しているものを抜粋して掲載。

入手可能な材料を記載しておりますが、メーカー、問屋の都合により、在庫を取りやめている場合もございます。あらかじめ御了承下さい。